星見る囚人

楽しい世界にむけ脱獄進行中

セクハラ体験談【前編】セクハラ、ダメ、ゼッタイ。

 最近「#Me Too」ってタグをよく目にしますよね。

便乗するわけじゃあないですけど、私もブラック企業でセクハラを受けてきました。 

セクハラはほんっとだめ!好みでもないやつに触られても、何もテンション上がらないし、不快なだけですから。どんなセクハラならテンション上がんねん

 

 

「女子社員全員セクハラで辞めてるの…」

 中途採用となった私の最初の仕事は、前任者から業務やお客様の担当を引き継ぐことでした。

(前任の方は小柄な小雪って感じで、キリッと系の美女だったので、彼女を仮にゆきさんとします。)

 

何度か引き継ぎで顔を合わせるうちに、年齢が近いこともあって、ゆきさんとはだいぶ打ち解けて話すようになりました。

 

でも、何度か会話のなかで何言いたそうな雰囲気をかもし出すときがあったんです。何だろう、とは思ったものの、こちらから尋ねるのもなぁと遠慮して私からは聞きませんでした。

 

そうこうしているうちに、ゆきさんの最後の出勤日。

 

私「ゆきさん、今日までお疲れさまでした。短い間でしたけど、楽しかったです。」

ゆきさん「…Jolyneちゃん、言おうか迷ってんけど、やっぱり言っておきたいことがあんねん。」

私「?なんです?」

ゆきさん「あのね、…社長と二人きりになったらあかんで

私「それは、どういう…?」

ゆきさん「社長ね、…結構触ってきはんのよ。日頃から『ハラスメントやって騒ぐほうがどうかしてる』って言ってるから他の社員に相談しても、あんま信じてもらえへんし…。

今までの女子社員はみんな、それが原因で2年以内に辞めてんねん。入ったばっかりのJolyneちゃんにこんなん言うのもなんやけど、早いとこ次行ったほうがええと思う」

 

f:id:Jolyne06:20180424171558j:plain

唖然としました。

こんなにハラスメントに敏感になった世の中で、まだそんなことをする会社があるのかと。

そして、セクハラを理由に目の前の女性が職を捨てる、ということが急にとんでもなく重たいことに感じられてきました。

 

スポンサーリンク

 

女性がセクハラで仕事を辞める、ということ 

ゆきさんはこの会社を辞めたあと、次の仕事を決めていました。決まるまでに半年以上かかったそうです。

 

「辞める理由はセクハラです、なんて言えへんし転職めっちゃ大変やったわ」

 

 ゆきさんは笑ってそう言いましたが、どれほど悩んだでしょう。どれほどの孤独に耐え、苦しんだことでしょう。

 

こんな言い方をすると反感を買うかもしれませんが、多少のセクハラならほとんどの女性は耐えられるし、抗議することもないと思います。そんなことでいちいち騒ぐ人は、本当にごく少数でしょう。

それなのに、「セクハラを理由に」仕事を辞めるんです。どんだけストレス食らったんだ…と、彼女の心中を思うと本当につらくて、なんて声をかければいいのかわかりませんでした。セクハラされる、たったそれだけのことでこのご時世に職を手放しても構わないと思えるって、よっぽどですよね。

 

f:id:Jolyne06:20171019014758j:plain

今、彼女と同じ道を進みつつあります。

ゆきさんがせっかく忠告してくれたのに、私もセクハラを回避できませんでした。

まあ、私の場合はセクハラだけじゃあなく、プライベートに干渉してくる会社 だったってことも退職を決意した理由のひとつですが。

 

セクハラで辞める方はそれを受けること自体より、

  • 人としてなめられている
  • 相談できる環境じゃあない
  • 業務に集中できない
  • 常に緊張状態で疲れた…

というところで心が折れるんだと思います。

今セクハラを受けて苦しんでいるあなたも、そうなんじゃあありませんか?

 つらかったですよね。ほんと腹立つし、やってられませんよね。

あなたは、本当によく耐えてはりますよ。

 

でもね、もういいじゃあありませんか。

我慢しなくったって。

こんなに頑張ってるのに、どうしてまだ耐えなくっちゃあいけないんです?

そんな会社、辞めちゃっていいんですよ。

「どこの会社も同じ」なわけないですから。

大丈夫、ちゃんと安全に辞められますよ。

 

 

www.prisoner-lookinstars.net

 

転職のときに、「セクハラされてたので辞めました」って言うと不利になるってのもおかしい話だと思うんですが、まあそこは多少話を作っちゃいましょう。その嘘は、許されたっていいと思います。それくらいしんどい思いをしたんですから。

 

かっこいい強い女になりましょ

『ルパン三世カリオストロの城』のなかに、女として憧れるセリフがあります。

かつてルパンと恋人だったこともある、と打ち明けた不二子とクラリスの会話です。 

クラリス「捨てられたの?」

不二子「まさか。捨てたのよ」

こう言わせるルパンの男気もありますが、やっぱりこう言える不二子はかっこいい女だなと思うんですよね。

 

「就職は結婚と同じ」なんて言いますけど、今や三組に一組は離婚する時代です。転職だって10人に1人はしています。今時セクハラを平気でしてくる人間がいる会社なんて、捨てちゃえばいいんです。

 

いやがらせしてくる人に限って「お前みたいなのは、どこいっても雇ってもらえない!」ってセリフを言ってきます。でも、そんなの気にしなくて全然かまいませんよ。

あなたの苦しい気持ちが少し でも楽になったら、これほど嬉しいことはありません。

さあ、そんな会社は捨てて、もっとかっこいい自分になりにいきましょう!

 

to be continued➸

lookup-stars.hatenablog.com