星見る囚人

楽しい世界にむけ脱獄進行中

【ブラック企業体験談】プライベートに干渉してくる会社ほんま何なの

var adsenseCode = (function () {/*

スポンサーリンク

 ここまで続けてきたこの【元フリーターがブラック企業を辞めるまで】シリーズですが、改めて読み返してみると業務外の部分のキチ具合がよくわかりますね。

いや、業務も十分ブラックですけど。

 

パート1から読みたい方は 【ブラック企業の体験談】フリーター、正社員になるも就職するとこ間違えるからどうぞ。

lookup-stars.hatenablog.com

 

今日もブラック企業で働くJolyneです。

 

「元フリーターがブラック企業を辞めるまで」シリーズは、現在ブラック企業にお勤めのあなたが、ご自分の状況を客観的に見られるようになることを目的にしています

私が体験したことに共感してもらえるだけでも、めっっっちゃ嬉しいです。でも、そこから

「自分も同じような感じだな…」とか

「こんなとこで働く意味ないよね」とか

気づけてもらえたらもっと嬉しいです。

 

 

 ブラック企業特有の休日強制イベント

 ブラック企業の必修科目なの?ってくらい、『休日出勤』と『休日イベント』はよく見聞きしますね。

例にもれず、うちの会社もこれがだーいすきなんですよ。

f:id:Jolyne06:20171017032219j:plain

そのなかでも、私が一番嫌なのが休日の強制イベント。社歴が短いほど拒否権はありません。

ということは、新人の私は当然強制参加ってわけです。

 

楽しくもなんともないし、給料も出ないし、休めないし、いいことなしでほんと辛い。

うちの会社は中小企業ってこともあり、社長は親分気質というか「してやる」ことが好きな人なんです。
この「してやる」がポイントで、相手が喜ぶかどうかは関係ないってところが最高に迷惑なんですよ…。

このシリーズでも書いてますけど、うちの社長は女好きなこともあって毎年女性を採用しています。それで毎年辞めていくのほんと草

www.prisoner-lookinstars.net

 

そのためかわかりませんが、「若い女社員は買い物連れていく」という謎のイベントが出来ているんです。

たぶん、今まで雇った女性のなかで、たまたま買い物に連れて行ったときに喜んでたか、喜んでるふりを真に受けたかのどちらかだとは思いますが…。

 

とにかくその流れで、私もアウトレットへ買い物に連れていかれることになったのです。

残念ながら、私はブランドものとは縁遠い生活をしてきて、全くと言って良いほど興味がなく、そもそも物欲もそんなにないので、買い物と言われても買うものはそんなになかったんですけどね。

まあ、社長的には私が喜ぶかどうかは興味ないところだったでしょうから、どちらにせよ…な話ではあります。あ、移動は車で、当日部長もついてくるという謎展開でした。

 

 【ブラック体験談①】興味のないアウトレットでの買い物

私の働いている教育業界は、お客様ビジネスのなかではまだ休みがあるほうだと思います。

それでも日頃が長時間労働すぎるので、休みの日はほとんど寝て回復に努め、ちょっと元気になったら溜めていた家事を片付けるという貴重な時間なんです。

でもそんなことは社長と部長には関係ないので、どんなに私のHPが減っていようが「逃~げるンだよォ~!」が使えない強制イベントに突入です。

f:id:Jolyne06:20171110030348j:plain

さて、アウトレットに到着してからの社長と部長の私への所業気遣いがこちら

  • 到着するなり自由行動(カップルや家族であふれるアウトレットでぼっち)
  • ただし制限時間あり(1時間)
  • 社長の時計選びと自慢話に付き合わされる
  • 部長の私服選びに付き合わされる
  • 私の買い物袋の中を勝手に見ようとする(全力で阻止)

しかも、部長の私服選びの際には「デートみたいだね」とか言われて鳥肌がスタンディングオベーションでした。

「そんなわけないじゃあないですかやだー(棒」

と返しておきましたけどね。

 

笑顔を作りすぎて、その日は帰ってから顔が筋肉痛で攣りました。え?翌日ですか?もちろん通常通り出勤でしたよ(にっこり

スポンサーリンク 

 

【ブラック体験談②】平社員は完全自腹のBBQ

また別のときには、BBQに連れていかれたこともあります。

 

この頃には休日強制イベントも慣れるほど参加させられてきていました。

たいていは、仕事終わりの飲み会だったので、「酒ッ、飲まずにはいられないッ!」とばかりにひたすら飲んでその場を乗り切るという技を会得。

大学時代は大好きだった飲み会が大嫌いになったのも今の会社のおかげです

 

そんな状況だったので、社長の「イベントやろう!」という言葉が会議で出てきたときは、てっきりまた飲み会だと思ってたんですが、何を血迷ったのかBBQになりました。

 

まあ、それはいいとして、驚きだったのは、BBQをすると決まったあとで器具のレンタル代や食品代を平社員のみ全額出すよう求められたことです。

平社員のみということはつまり、社長と部長の分は私たちが肩代わりしたってこと。

 

ふつう逆じゃね?と思ったんですが、我々平社員は拒否しても参加を辞退しても、それをきっかけに辞職に追い込まれたり嫌がらせをされたりするのがわかっているので、断れません。

私たち平社員は当日お葬式のようなテンションでBBQをしました。

f:id:Jolyne06:20171110030547j:plain

社長、部長よ、人の金で食う肉はさぞうまかろうな…。

 

プライベートくらい好きにさせて

今回紹介した以外にも強制イベントはたくさんあります。でも、会社主導でない社員同士では、楽しく過ごせてるんですよ。飲みに行ったり海にいったり。

楽しいことは大好きですからね!

 

つまり、自分の意思で選択できるイベントならOKなんですよ。これは社員が自主的にやるから、モチベーションやパフォーマンスが上がったりリフレッシュできるのであって、会社主導でやられちゃそれもう仕事ですから

 

「今の若者はコミュニケーションが足りてないし、ノリが悪いんだよねー」

 とかすぐに言い出す謎の勢力がいますが、ただただプライベートの時間くらいは自分の好きにさせてくれぇえええ!ってことです。

f:id:Jolyne06:20171016005156j:plain


気分が乗るなら飲み会だってふつーに行く。行かないのは気分が乗らないから。

それだけです。

 

会社で働くって、自分の人生の時間を切り売りしてるってことですから、その時間をどう使うかってかなり大事なことやと私は思います。あれ?作文?

長くなってきたので、今回はこのへんで。

 

to be contined➸

www.prisoner-lookinstars.net