星見る囚人

楽しい世界にむけ脱獄進行中

立ち直るには、覚悟が必要ー「覚悟」とは進むべき道を切り開くことッ!

var adsenseCode = (function () {/*

スポンサーリンク

ここんところ、会社のブラックさにやられてかなり精神的に参ってましたが、無事復活しました。

Jolyneです。

 

前回は「ブラック企業で精神崩壊した人間のスケッチ 」というお目汚し記事を書いちゃってすみません。でもまあ、ブラック企業に捕まるとああなるぜ、って一例になるかもなので一応残しておきますね。

 

さて、死ぬことも考えていた私が、いかに蘇ってきたか。

今、つらくてつらくて、もういっそ死んでこの現実から逃れたいくらいのあなたに、立ち直るための3つの考え方をお伝えします。あまり優しい話じゃあないですが。

 

それでも、あなたに死を選んでほしくないから。

あなたには、生きていく力があると、信じているから。

 

私の言葉が、どうかあなたにとっての星となりますように…。

 

 立ち直るための3step

step①他人に解決してもらうことを期待しない

のっけから希望がなくてすみません。

 

精神が弱ってるときは過度に他人に期待(依存)しがちです。

「誰かなんとかしてくれ…!」って。

でも、残念ながらあなたの抱えるものはあなたしか何とかできません

 

問題や障害に自分の身ひとつで立ち向かうのは、とても怖いことですよね。逃げ出して、縮こまって、わんわん泣いていたいでしょう。

実際、ここ数日の私がまさにその状況でした。

 

思いっきり落ち込んだり泣いたりする時間は、絶対にあったほうがいいですよ。一度どん底の気分まで落ちといたほうが、立ち直りやすいですからね。

lookup-stars.hatenablog.com

 

気がすむまで落ち込んだら、「他人には頼らない」と決めます。

これは、弱音を吐かないとか平気なふりをするってことじゃあないですよ。心の平穏のためには、存分に他人に頼りましょう。

 

要するに、「問題を自分自身で解決する」と強く意識して行動するんです。

f:id:Jolyne06:20171103022306j:plain

とても怖いし、勇気がいることですけどね。でも、あなたのことはあなた自身しか助けられない

立ち向かうにしても逃げるにしても、どんな行動をするかあなたが自分で選んで決めるようにします。

 

step②自由を手に入れるために行動する

 あなたにとって問題・障害となっていることに対して、立ち向かうも良し、逃げるももちろん良しです。

逃げるは恥だが役に立つ、ですからね!

(ガッキーと源ちゃんセット尊い)

 

どんな向き合い方をするにしても、あなたが自由を手に入れることが出来る方法を選びましょう

 

f:id:Jolyne06:20171109004030j:plain

私の場合は、立ち向かって乗り越えるほうが、すっきりして心の荷をおろせると思ったので、立ち向かうことにしました。

視界に入れず、存在を忘れて過ごすほうが心が軽くなる、というなら逃げることを優先するのが良いでしょうね。

 

 あなたの心が自由になるための行動に専念してください。

 

「自由を得るための行動」って?

「どうやったら自由になるかわからへんし…」

 というときは、行動レベルを3つに分けます。

 

行動レベル強:「やりたい!」と思う

行動レベル中:「やってもいいかな」と思える

行動レベル弱:「やりたくねー」と思う

 

こんな感じです。

行動レベル中の、「やってもいいかな」度が80〜90点(100点満点)のことまでしかやらないようにします。

これだけで、かなり心が軽くなって自由を感じられるはずですよ。

実際に私は「やってもいいかな」ということだけで過ごしてみて、かなり自由を手に入れた実感があります。

 

ちなみに、こういう「やることを選んで、集中して取り組む」という考え方をエッセンシャル思考といいます。

step③自分で問題を乗り越える覚悟をする

覚悟、というとなんだか仰々しいですよね。

でも、あなたがあなた自身の人生を生きていくには覚悟が必要です。特に、今のように精神が弱っているときほど、簡単に死や自暴自棄の誘惑に引き寄せられてしまいます

f:id:Jolyne06:20180113031140j:plain

とは言え、覚悟と言われてもピンと来ないあなたに、「ジョジョの奇妙な冒険 第5部黄金の風」よりひとつの言葉を送ります。

「覚悟」とは!!暗闇の荒野に!!

進むべき道を切り開く事だッ!

ジョルノ・ジョバァーナ

 私は、この言葉で覚悟を決めることができました。

自分の人生は、自分で切り開く、という覚悟を。

 

lookup-stars.hatenablog.com

 

他人とは一切関わりたくないと感じるほどつらいと、自分の心の内側と向き合わざる得ません。

最初は心の傷を癒すため、思いっきり悲しんで自分を甘やかしてあげます。そうして回復してきたら、少しずつ出来ることに取り組んでいきますよね。

 

その期間が長くなると、どうしても自分に甘くなって、いざ他人と関わると悪い意味で他人に甘えてしまいがちです。 

 いや、私がそうだったって話なんですけどね笑

 

心配してくれてるのに、「どうせ何もしてくれへんやん」と勝手にがっかりしたりイラついたり…自分の人生に対する覚悟が全然できてませんでした

 

死んでしまいたいほどつらいとき、まさに世界は「暗闇の荒野」のように感じられます。そんななかを、私たちは歩かなくてはならないのです。

f:id:Jolyne06:20180204214000j:plain

その暗くつらい荒野に道を切り開く、つまりつらいこともある人生のなかで、自分の望む生き方をすると決めて行動する、それが覚悟だと私は思います。

 

スポンサーリンク 

 

「立ち直るための3step」おわりに

人生で起きることを、他人のせいにせず、自分で乗り越えていく…それを、意識すること。

 きっと無意識にできている人もいはるでしょう。でも、傷つき弱った私たちは、ここから始めるくらいで、ちょうどいい。

 

どんなにボロボロに傷ついても、大丈夫。

どんなに泣いても、いいんです。

死にたいほどつらくて落ち込んでも、忘れないで。

 

あなたは、これまでも何度もこういう苦難を乗り越えて、道を切り開いてきた。

あなたには、生きていく力がある。

時間はかかるかもしれない。けど、必ず立ち上がれる。

 

自分の人生に対する覚悟をしなくちゃいけない。けどそれは、あなたはあなただけの人生を歩んでいいってことでもあるんです。

他の誰とも違う、あなただけの、最高に輝く人生を。

 

落ち着いたら、部屋の窓を開けて空を見上げてください。

降り注ぐ太陽に、瞬く星に、心が満たされていくはずです。

 

あなたがまた歩き出せるのを、楽しみに待ってますよ。

 

【今回紹介した本】

 

to be continued➸

www.prisoner-lookinstars.net