星見る囚人

楽しい世界にむけ脱獄進行中

『恥知らずのパープルヘイズ』ジョジョの5部を読んだら次はこれ!

いや〜、ジョジョ第5部『黄金の風』最高でしたね!

まだ読んでないなら、初心者用に魅力をまとめてる記事を先にご覧ください。

www.prisoner-lookinstars.net

 

そして、「5部の小説がある」という情報を目にしたあなたは、

「オイオイオイ、ジョジョを小説になんてできんのかよォ〜?」

と言うッ!

 

言っておきますが、ジョジョ第5部の小説『恥知らずのパープルヘイズ』は間違いなくおもしろいです。買いです!

この小説を読むことで、今まで以上にキャラに感情移入できて、もっともっと5部が、ジョジョが大好きになります。

 

  • 俺はまだ信用したわけじゃあないぜ
  • 「読め」って命令してくれよォ
  • とても理解できないわ

というあなたも、「本、読まずにはいられないッ!」と思うよう、『恥知らずのパープルヘイズ』のあらすじと魅力をお届けしますね!

 

※この記事で使用した画像の権利は、全て荒木飛呂彦先生&LUCKY LAND COMMUNICATIONSおよび集英社に帰属します。

 

 

『恥知らずのパープルヘイズ』あらすじ

パンナコッタ・フーゴは、かつての裏切りの精算として、ジョルノ率いる新パッショーネから旧パッショーネの麻薬チームの暗殺を命じられる。麻薬チームと戦いながら、フーゴは自分自身の内面やブチャラティたちとの過去を回想していく。

なぜ自分はあのときみんなについていけなかったのか…_。組織の裏切り者を追うなかで、かつて『裏切り者』となったフーゴ自身を振り返る物語。

 

『恥知らずのパープルヘイズ』のここがいい!ここがベスト!

小説版を買おうかどうか迷っているあなたのために、『恥知らずのパープルヘイズ』のおもしろいところを3つご紹介します。 

途中離脱したフーゴが主人公

ジョジョの奇妙な冒険第5部護衛チーム

フーゴに関して、どんな印象を持っていますか?

臆病者?裏切り者?そもそも印象が薄い?

 

とにかく、あまり良い印象はないんじゃあないでしょうか。

その原因はやはり、ブチャラティたちについていかなかったからでしょう。

 

フーゴ自身も、あのときブチャラティについていかなかったことを苦悩し続けています。

そんなフーゴが、小説版ジョジョ『恥知らずのパープルヘイズ』の主人公なのです。

 

2018.09.06追記:アニメCM公開!

 

ジョジョの魅力のひとつに、『キャラの人間くささ』がありますよね。

今回の小説では、フーゴの人間くささが存分に描かれています。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の小説「恥知らずのパープルヘイズ」主人公パンナコッタ・フーゴ

護衛チームについていけず離脱したときのことを思い出してるシーンでは、フーゴはこんなふうに思い返しています。

両眼から、後から後から涙が出てくる。

行けなかった。

前に進めない。

一歩を踏み出すことが、どうしてもできない——。

「——うううううううう……ッ……!」

(『恥知らずのパープルヘイズ』p304~305)

あと一歩の勇気が出ない弱い部分なんかは、共感しすぎて読んでてつらくなっちゃいました…。

 

勇気が出ないフーゴが悩んであがいて傷ついていく姿を見て、あなたは思うはずです。

フーゴは俺だ。」とね。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の小説「恥知らずのパープルヘイズ」主人公パンナコッタ・フーゴとナランチャn

ジョルノが完璧超人すぎて、なんとなくキャラたちが遠いように思ってました。

そんな5部に一気に親近感を感じられて、またマンガを読み返したくなる小説です。

 

5部の名場面が回想で登場

フーゴの過去の精算がテーマなので、5部のマンガで出てきたシーンがいくつか登場します。

 

そんななかで、特にナランチャとの絡みがよく回想されます。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の小説「恥知らずのパープルヘイズ」主人公パンナコッタ・フーゴとナランチャ

ナランチャをブチャラティに引き合わせたのは、他ならぬフーゴですからね。フーゴにとって、ナランチャは影響の大きい存在だったのでしょう。

 

フーゴと他のみんなが袂を別つ場面も、小説ではフーゴ目線で回想されて見事に文字で表現されています。

ジョジョの奇妙な冒険第5部の小説「恥知らずのパープルヘイズ」主人公パンナコッタ・フーゴの運命の分かれ目

フーゴ、そんなこと思ってたんか…と胸がきゅぅっとしましたよ。

 

ジョジョの奇妙な冒険第5部の小説「恥知らずのパープルヘイズ」主人公パンナコッタ・フーゴの離脱

もちろん、マンガでは出てきてなかった場面もあるので、「そんなことがあったんや!」と新たな発見もあって、ファンにはたまらないですね。

 

www.prisoner-lookinstars.net

 

言い回しにジョジョっぽさ満載!

キャラのセリフはもちろん、会話文以外の文(地の文)でもジョジョらしい言い回しがたくさんあって、読みながらにやにやしっぱなしです。

「ノックして、もしもぉーし」

(『恥知らずのパープルヘイズ』p60) 

 物語早々で、ニヤリとさせてくれるじゃあねえの。

 

「君は勇気を知らない。人が己を捨てて生きるときの力強さを、なにもわかっちゃあいないのだ。勇気を知らないという点で君は、人間の血を吸おうと噛みついて叩き潰されるノミにも等しい——」

(『恥知らずのパープルヘイズ』p143)

ツェペリ「人間賛歌は勇気の賛歌ッ!」

 

少年は美術に関連する歴史書のコーナーにいた。 高い本棚に行くための移動式階段の上で、本をぱらぱらとめくっていた。

(『恥知らずのパープルヘイズ』p172)

これは完全にDIOの息子ですわ…。

 

奴を倒したと思ったのは錯覚だったのか——だとしたらもはや手遅れだ。何をしても無駄ということにしかならない…いや!

(いや……違う!)

(『恥知らずのパープルヘイズ』p217)

この「…いや!」の感じとか、マンガの地の文でもありましたよね。

 

シラクサ——。

かつてギリシャ人が築いたこの街がローマに支配されていたとき、行政官キケロは次のように著述している。 

(『恥知らずのパープルヘイズ』p233)

 こういうウンチクから入るのもジョジョあるある。

 

あれ、もしかして、上遠野浩平先生ってただのジョジョラーなのでは…。

大ファンは、見つかったようだな…。

 

 【もっと5部のおもしろい名言を知りたいならこちら👇】

www.prisoner-lookinstars.net

 

『恥知らずのパープルヘイズ』でジョジョ第5部がもっと好きになる

マンガの小説版というと、食わず嫌いで読まないってことも多いと思います。

でも、ジョジョの小説版『恥知らずのパープルヘイズ』は、ファンなら絶っっ対に一読の価値アリアリアリアリーッ!です!!

 

  • 勇気が出ないフーゴに共感しまくれる
  • 5部の名場面をもう一度違う視点で読める
  • ジョジョっぽい地の文でにやにやできる

これが小説で味わえるんですから、それだけでも買いです。

 

読み終えたとき、題名の『恥知らず』の意味がわかって、その題名すらジョジョらしい意味があったんだと驚きました。

そうか、だからフーゴはあのときみんなについて行けなかったんだな…と。

そういうところが、またなおさらジョジョらしくて最高なんですよ。ああ、フーゴは人間くさくて、弱くて、だからここから強くなっていくんやなって。

 

 

この黄金体験を、はやくあなたにも味わってほしいです。

マンガと合わせて何度も読み返したくなる、そんな小説でした。こちらのリンクから、ぜひどうぞ!

 

【小説を読んだら、ジョジョバーにも行ってみませんか?】

www.prisoner-lookinstars.net

 

to be continued➸