星見る囚人

楽しい世界にむけ脱獄進行中

ジョジョ5部アニメ26話感想「とぅるるるるるる」

ぼくの名前はエンポリオドッピオです。

 

※この記事は、5部をすでに読んでいるひと向けの、ネタバレ満載記事です。ご覧になる際はご注意を!

 

【前回(25話)の感想はこちら👇】 

www.prisoner-lookinstars.net

 

 

 

ジョジョ5部アニメ25話の内容

ときに1965年、夏。

ある女子牢でひとりの女が苦しみだした。女は身ごもっていたが、父親は二年前に消えたという。奇妙な状況のまま、女は男の子を出産。

生まれたてのディアボロ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

その子どもは目を見開き、産声ひとつあげなかった。一瞬瞳に走る悪魔に誰も気づかぬまま、子どもは教会に引き取られ「ドッピオ」となった。

ドッピオは心優しい青年に成長し、美しい女性に恋をする。ドッピオを育てた神父はドッピオのために車を買い与えるべく、地下を掘った。そこには、ドッピオの母が口をきけないようにされて、身動きもできずに横たわっていた。

ディアボロの母を見つける神父"

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 


母親の傍らに落ちていた髪を拾う神父の背後に、悪魔の瞳をした彼が立つ。ディアボロとドッピオはひとつの肉体で生きていき始めた。

 

一方、現代。

ブチャラティたちとリゾットを見張るべく、ドッピオはサルディニア島に到着した。占い師にふたつの魂の本質を見抜かれ、リゾットとは「近いうちに必ず出会う」と予言される。

ドッピオの正体を見抜く占い師

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

自分の正体につながる占い師を始末し、ポートレイトの場所へ向かったドッピオ。そこで予言通りリゾットが現れる。
動揺するドッピオだったが、ディアボロの声によりなんとか窮地を脱した。かに思えたそのとき、遠くからエアロスミスの音が!

とっさにエアロスミスのほうに目を遣ってしまったために、ドッピオはリゾットにスタンド使いだとバレてしまう。

キングクリムゾンvsメタリカ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

ついにキング・クリムゾンとメタリカの対決が始まろうとしていた。

 

ジョジョ5部アニメ26話の感想

今まで敵・味方ともに、キャラたちの過去をしっかり描いてきてくれたアニメスタッフのみなさんなら、必ずボスの過去も描いてくれる…そう思った。僕はそれに賭けたんだ。そして来たッ!

悪魔の過去

さすがの過去描写でしたね。

  • 牢獄で生まれる
  • 産声を上げない
  • 生まれてすぐ目があいている
  • 教会で育てられる
  • グロ描写

というあたりは、洋画ホラーあるあるでしたね。いかにも悪魔の子って感じ。
『オーメン』を思い出しました。

 

【ジョジョに影響を与えているホラー映画の傑作は要チェック】 

www.prisoner-lookinstars.net

 

 

ドッピオにとって、ディアボロという悪魔は「悪の救世主」だったのかもしれない、と思うのです。
ジョルノにとってのギャングのおじさんのように。

天を仰ぎ見るドッピオ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

優しくてどんくさいドッピオは、周りからも雑な扱いを受けてきています。
そんな生活のなかで、ディアボロの言葉に従うことで勇気が湧いていたのかもしれません。だから、あんなにも気の弱いところはあるものの優しいドッピオなのにディアボロを避けようとしなかったのか、も…。

 

まあ、私の個人的な妄想ですけどね。

 

思ったより甲高い「とぅるるるるる」

お待ちかねの「とぅるるるるる」!

いやあ、私の体感としては思ったより甲高い感じでした。

とぅるるるるると着信音を聞くドッピオ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

斉藤壮馬さんの声だと、ドッピオがマンガ以上に好青年に見えますよね。
それなのに「とぅるるるるる」顔が完全に狂気に満ちててベネでした。

あのイっちゃってる感じの目がたまらん…。

 

ネタ仕込みまくってる占い師

ドッピオとディアボロの秘密を見抜いたあの占い師。
実は1部でワンチェンを演じてらしたんです。やはり悪に惹かれる性なのか…ッ!

 

そしてもうひとつ。

占い師が持ってたあのタロットカード。
これ、3部のDVDの特典としてついてたものと同じなんです!

 こういうアニメスタッフさんたちの細かい遊び心が本当に嬉しい…!

「ああ、ほんとにジョジョのこと一生懸命考えて作ってくれてるんだな」と思うのです。

 

人格が入れ替わる表現が秀逸

26話の最も感心したところは、ドッピオとディアボロが入れ替わるときの「目」の表現です。 

ドッピオとディアボロ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

昔、複数の人格を持つひとと親交がありました。(いわゆる多重人格というやつです)

そのときに印象的だったのが、目でした。

人格が入れ替わるときに、まさにドッピオとディアボロのように目が変わったのです。いや、実際に虹彩の色が変わったり大きさが変わったりしたわけじゃあないんですが、確実に「目」が変わったという感覚がありました。

 

目の前の存在の、中身だけが自分の知らないものへと変化していくときの、あの背筋がぞくぞくする感じ…とてもよく研究してるなと思いました。

 

これまでも見返したくなる回ばかりですけど、今回の26話は特に見直しちゃいますね。

 

【ジョジョアニメはネット配信もしてます】
登録しておけば録画できなくても安心ですよ!

で見られます。

 

深夜放送だし、特に関西など地方組は放送時間がよく変わっちゃうので、登録しておくことをおすすめします。 深夜をリアタイ追っかけするのもしんどいですしね。

 

さて次回はついにキングクリムゾンvsメタリカ!

メタリカから攻撃されるディアボロ

©ジョジョの奇妙な冒険GW製作委員会

出典:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風』公式サイト 

もしかしたらリゾットの過去も観れるのか、も?
楽しみで夜も眠れねぇぜ。

では今回はこのへんで。

チャオ!

 

【27話の感想はこちら👇】

www.prisoner-lookinstars.net

 

【ジョジョにも多く使われるホラー映画的演出の定番ならこちら👇】 

www.prisoner-lookinstars.net

 

to be continued➸